「イギリスのユースワーカーと考える、子ども・若者が育つ場づくり」

  • 2019.07.08 Monday
  • 22:52

自己紹介、研究業績の更新以外では久しぶりの投稿です。

 

私が連携研究者を務めている科研「若者支援における『場』の教育的価値―ユースワークの日欧比較」(研究代表者:平塚眞樹)でセミナーを開催します。

 

イギリスからユースワーカーをお招きして、どうすれば子ども・若者が育つ「場」を作れるのか、そもそも若者支援の仕事とはなにか・どうあるべきかを一緒に考えようというセミナーです。通訳付き、事前申し込み不要、入場料なしです。札幌(北海道大学人文・社会科学総合研究棟(W棟)410教室)東京(品川区役所第三庁舎6階講堂)京都(京都市中央青少年活動センター)で開催します。みなさま、ぜひご参加ください!

 

問い合わせ先メールアドレス:youthwork[アット]mbr.nifty.com

*[]を@に変えてください

 

 

 

なお、本科研のこれまでの成果として『若者支援の場をつくる』というジャーナルを刊行しています(kindle版で300円)。Amazon掲載の紹介文は以下のとおりです。

***

本書は、実践者と研究者からなる「若者支援とユースワーク研究会」を母体に企画・執筆された、「若者支援」と呼ばれる現場で働く実践者や、広くその世界に関わる人たちの学びの媒体(メディア)になること、そして若者支援実践の社会的価値や承認を広め高める「場」になることをめざしている。

 

本書で表しているのは、国内における「若者支援」実践、そして欧州でユースワーク(Youth Work)と呼ばれてきた実践の記録(ストーリー)である。日本における「若者支援」の世界では、いわゆる「書類」書きや「成果」を表す仕事は山ほどありながら、実践や現場の紆余曲折のプロセスを丁寧に描く取り組みは必ずしもまだ豊富にない。


私たちは、イギリスのユースワーカーたちが、ユースワークの存亡の危機に立たされた時に、ストーリーテリング(Story-telling)の手法で、ユースワークの本質や価値を自ら表し、世に問うてきた経験を学んだ。そこでは、実践者が互いに実践を語り合い、聴き合う、そのプロセスを通じて、実践を表す言葉を見つけ出していた。本書は、日本の「若者支援」の世界でも、実践者が実践を描き、読み合うプロセスを通じて、自らの言葉と表現で、この世界の価値や意味を世に伝えていくことをめざして刊行された。


第1号となる本書では、研究会メンバーでもある日本の実践者2人による若者支援実践の記録を掲載するとともに、本書の着想を得たIn Defence of Youth Work(イギリス)が刊行したThis is Youth Work(2012)という冊子から3点の実践ストーリーを翻訳し、コメントも付した。あわせて、イギリス同様に研究会で頻繁に訪れて学んできたフィンランドにおけるユースワーク現場の叙述も試みた。後半では、‘実践者が実践を描く’意味について、研究者の視点から考察をおこなった。

 

本研究会では、今後も伝えたい実践のストーリーを国内外から集め、第2号以降を刊行したいと考えている。本誌を読んでくださった方々の中から、次のStorytellerが現れてくれることを願っている。

***

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.12.19 Thursday
  • 22:52
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    AUTHOR

    profilephoto

    お問い合わせ

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM