大学教育学会の課題研究集会で報告します

  • 2017.11.11 Saturday
  • 00:37

久しぶりの投稿になります。

 

「広報支援」です。そればかりです!

 

本年12月3日(日曜)に関西国際大学で行なわれる大学教育学会の課題研究集会にて、分担者を務める科研「高等教育新興プロフェッションの養成メカニズムに関する実証的研究」(研究代表者:二宮祐)のチームが報告します。とはいっても、私は業務があり残念ながら参加できませんが、二宮祐先生、浜島幸司先生、小島佐恵子先生が報告します。

 

報告タイトル:「第三の領域」における教職員のキャリア形成

 

大学をめぐる社会状況の変化およびそれに対応した大学改革の推進により、従来の教員でもなく従来の事務職員でもない専門的業務を行なう「職員」(「第三の領域」における教職員)が増加傾向にありますが、その実態把握は十分とはいえません。本科研では特にファカルティ・デベロッパー(FDer)、キャリア支援担当者、インスティューショナル・リサーチ(IR)担当者、リサーチ・アドミニストレーション(URA)担当者、産官学連携コーディネート担当者に焦点をあて、研究を積みあげてきました。例えば、次の論文「高等教育機関における新しい「専門職」」(大学教育研究ジャーナル第14号)をご参照ください。

 

今回の大学教育学会での報告は、学会でも今回初となる「インタラクティブ・セッション」での報告となります。本セッションは、通常の学会報告とは異なり、会員間の意見交換を主な目的とする試みです。

 

本科研は、「高等教育機関における新しい「専門職」」の実態把握を研究課題としていますが、同時にこうした立場で働いている方々、かつて働いていた方々、こうした立場に関心をお持ちの方々をつなぐ役割も果たしたいと考えています。そのため、こうしたセッションは本科研にとってとても貴重な機会と位置づけています。

 

多くの方のご参加をお待ちしております(「でも、そういうお前欠席なんだよね?」ということで申し訳ありません!)。

 

本科研のウェブサイトはこちらです⇒https://sites.google.com/view/thirdspace/

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.12.19 Thursday
  • 00:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    AUTHOR

    profilephoto

    お問い合わせ

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM