セネット『それでも新資本主義についていくか』

  • 2016.02.29 Monday
  • 22:51

 ファイルを整理していると、リチャード・セネット『それでも新資本主義についていくか』の自分用メモが出てきたので、掲載します。同書を分析しているわけではなく、後で内容を思い出すためだけのメモです。若者調査の過程でアイデンティティについて考えていた時に読んでいたはず。

 短期的な社会で、どうすれば長期の目標を追求できるのか。永続的な社会関係をどう維持していくのか。挿話や断章の寄せ集めのような社会にあって、人はどうすれば自己の存在証明の物語や一生の歴史を展開することができるのか。ニューエコノミーを生きるということは、そういう問題意識は持たず、場所から場所へ、仕事から仕事へと漂流する時間に身をまかせることである。(中略)短期的資本主義は彼の人間性―とりわけ、人を互いに結びつけ、互いに支え合っているという感覚をもたらす人間的特性―を腐食させるおそれがある、ということだ。(20-21頁)

 四六時中何か試されているような、それでいて自分の正確な居場所がわからない不安感。(102頁)

 人びとが賭けに打って出るのは、自負心からではなく、打って出ないと、最初から負けを認めることになるからだ。(中略)何らかの葛藤状態に直面すると、人の注意は長期的視野よりも目先の環境に釘づけになる傾向がある。(120頁)

 問題解決のために何かできることがあるという信念をなくした人は、長期的思考を無益なものとして停止してしまうことがある。(中略)「どこへも着けない」「いつも出発点」―これが、意味のなさそうな成功と向き合わされたり、努力しても報酬を得ることが不可能なことを見せつけられた人の実感である。こうした感情の動きのなかで、次第に時間が止まっていくように感じられる。(121頁)

 人間生活をこのように浅薄なものにした原因の一つは、時間の解体にある。時の矢は折られ、うち続くリエンジニアリング、ルーチンへの反感、短期志向の政治経済のなかで軌道を失っている。人びとは長続きする人間関係や、不変の目標を喪失したと感じている。私がこれまで語ってきた人びとはみな、表面的な世界の下に時間の奥行きを見つけようとしていたが、それも、現在への心配や不安を表わすほかにはなかった。(134頁)

 ほとんどの人にとって人生の大失敗といえば、長期的な意味で自分が役立たずだと思い知らされるような個人体験であろう。IBMのプログラマーたちの体験で最も感慨深く思えたのは、彼らが自分を責めたり恥じたりせずに、失敗について率直に語るようになったことであった。しかし、そこにいたるには他者の存在を必要とし、その結果、相互の距離が縮まることになった。彼らはこの偉業―こう言っても決して大げさではないだろう―を、助け合いの必要や自分たちの力不足を恥ずかしいと思わなくなって初めて、手にしたのであった。(202-203頁)

 「誰が私を必要とするのか」―今日の資本主義の過酷な挑戦に遭難した人間性の問いである。(210頁)
 

スポンサーサイト

  • 2020.08.23 Sunday
  • 22:51
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    AUTHOR

    profilephoto

    お問い合わせ

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM