自己紹介

  • 2019.07.08 Monday
  • 21:03

法政大学社会学部社会学科卒業東京都立大学大学院(現・首都大学東京)人文科学研究科教育学専攻博士課程単位取得退学


都留文科大学や法政大学、大妻女子大学、日本体育大学女子短期大学部、富士吉田市立看護専門学校で教職関係の授業(教育原理、教育社会学、教育課程論、教育方法論、教育学)を担当していました。

2011年6月から2012年12月末まで日本社会事業大学の特任助教。日本社会事業大では「キャリアデザイン」というキャリア教育科目を担当。2013年1月からは、岐阜大学特任准教授(所属:キャリアセンター、兼任:教養教育推進センター)。2013年12月から組織改編により、岐阜大学教育推進・学生支援機構キャリア支援部門の所属となりました。岐阜大学では「キャリア形成論」「ライフコース論」「社会の多様な働き方」等キャリア教育科目を担当。学生のボランティアコーディネートもしていました。2015年4月からは山梨学院大学特任准教授(テニュアトラック)。経営情報学部教員であると同時に、学習・教育開発センターの事務長・研究員として授業・教材開発(特に初年次教育)等を担当。複数の学部の1年生必修科目となる「基礎演習機廚離謄スト(主としてアカデミック・ライティングに関するワークシート形式テキスト)を作成。授業は「基礎演習」「基礎演習」「キャリア・デザイン」「キャリア・デザイン」を担当。2018年4月より山梨学院大学准教授学習・教育開発センター副センター長になりました。2019年4月には経営情報学部と現代ビジネス学部の統合により経営学部所属。


大学院では、教育哲学・思想史、教育史、中等教育・青年期教育を専門とする教員のゼミ(研究室)に所属していました。近年は、主に若者が学校でなにを学び、何を支えとしながらどのように不安定化する社会をわたっているのかについての実証研究、大学大衆化時代における大学教育や学生生活の実態把握、大学教職員研究、ライティング教育・指導やキャリア教育について研究をしています。2016年度に研究分担者を務めた科研は、「剽窃が困難となるレポート論題の類型化と論題に応じたルーブリックの開発」(代表:成瀬尚志)、「高等教育新興プロフェッションの養成メカニズムに関する実証的研究」(代表:二宮祐)、「専門学校が養成する「能力」に関する検討:教員への量的・質的研究を中心に」(代表:植上一希)です。


まだまだ勉強中です。どうぞよろしくお願いいたします。
 

児島 功和(こじま・よしかず)
メールアドレス:kojimay26[at]gmail.com

 

スポンサーサイト

  • 2019.12.19 Thursday
  • 21:03
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    AUTHOR

    profilephoto

    お問い合わせ

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM