【近刊】『反「大学改革」論』

  • 2017.05.12 Friday
  • 23:55

6月に新刊が出ます。

 

藤本夕衣・古川雄嗣・渡邉浩一編『反「大学改革」論:若手からの問題提起』(ナカニシヤ出版)

 

 

「「若手」の定義とはなにか?」と聞かれたら「ごめんなさいごめんなさい」という気持ちではありますが、ともかく書きました。担当章は「第七章 居住の移行と大学生活」です。

 

居住の移行とは、実家を出て一人暮らしをすることとしています。ひとり暮らしをすることと大学生活の関係について考えています。以前から扱いたかったテーマなので、こうした機会をいただけて、とても嬉しかったです。

 

大学改革は教授・学習場面のデザインに関心を集中させているように思います。しかし、そこからこぼれ落ちるものもあるのではないか、“青年期”にある若者にとっての大学生活という面を「ひとり暮らし」から考えるとどうだろう?ということです。

 

以下、目次となります(出版社ウェブサイトより)。

 

第一部 大学改革はどこに向っているのか

第一章 PDCAサイクルは「合理的」であるか

(古川 雄嗣)
第一節 はじめに
第二節 人間の物象化に対する批判
第三節 経営学的な無理解に対する批判
第四節 トップダウンであることに対する批判
第五節 むすびに代えて

第二章 産学連携を問い直した結果としての産学連携

(宮野 公樹)
第一節 はじめに
第二節 日本における産学連携の展開
第三節 文部科学省からみた「産学連携」の問題
第四節 産業界からみた「産学連携」の問題
第五節 大学からみた「産学連携」の問題
第六節 「新しい産学連携」に向けて

第三章 大学教育と内外事項区分論

―「利益の供与」による行政指導の問題

(二宮 祐)

第一節 はじめに
第二節 行政機関から交付される補助金
第三節 内的事項に対する行政指導
第四節 おわりに

第四章 パフォーマティヴの脱構築 
―デリダの『哲学への権利』における哲学的大学論
(藤田 尚志)

第一節 パフォーマンスとポピュラリティ―現代日本のハイパー・メリトクラシー
第二節 哲学と制度―脱構築とは何か
第三節 デリダのパフォーマティヴ論
第四節 カント大学論の脱構築
第五節 結論に代えて―大学は「社会への入り口」か「会社への入り口」か

第二部 学生・院生はどのような状況にあるか

第五章 教化の場としての大学

(高野 秀晴)
第一節 試験対策に臨む
第二節 「教育史は後回しでいい」
第三節 「教化」と「教育」
第四節 教養と受験情報のはざまで
第五節 用が無用に変わるとき

第六章 参加型パラダイムは民主化の夢を代替しうるか? 
―ポスト代表制の学生自治
(井上 義和)

第一節 民主化の夢、ふたたび
第二節 砦と繭―二つの学生自治観
第三節 ポスト代表制の学生自治
第四節 参加型というパラダイム

第七章 居住の移行と大学生活

(児島 功和)
第一節 はじめに―問題設定
第二節 使用データの概略
第三節 ひとり暮らしをする大学生の背景
第四節 ひとり暮らしが大学生活に与える影響
第五節 おわりに

第八章 理工系大学院の価値を問う

(佐藤 真一郎)
第一節 はじめに―修士の増加と博士の不人気
第二節 ブラック化する理工系大学院
第三節 大学院教育の実質化と質保証の問題
第四節 改善の糸口はあるか
第五節 おわりに―大学院の社会的役割を問いなおす

第三部 学士課程教育はどうあるべきか

第九章 グローバル化時代の大学に求められる「教養」とは? 
―日本の「古典」に根差した「実践力」
(藤本 夕衣)

第一節 グローバル化への対応は不可避か?
第二節 「グローバル人材」をめぐる問題
第三節 グローバル化時代に求められる「教養」
第四節 学生の生活に根差した学問へ

第十章 専門教育は汎用的でありえるか
―ジェネリック・スキルとバカロレア哲学試験
(坂本 尚志)

第一節 はじめに
第二節 ジェネリック・スキル論の展開とその問題点
第三節 専門性と汎用性―専門教育は役に立たないのか?
第四節 規範性と汎用性―「型」の習得は自由な思考を妨げるか?
第五節 おわりに―ジェネリック・スキル論を超えるために

第十一章 General educationと学士課程教育 

―理念の再導入のために

(渡邉 浩一)

第一節 はじめに
第二節 General educationはどう受けとめられてきたか
第三節 General educationの概念史のために
第四節 General educationは何でありうるか

第十二章 古典語教育の可能性

(堀川 宏)
第一節 なぜ古典語教育なのか?
第二節 古典語を学ぶ動機と目的意識
第三節 古典語の学習をとおしての気づき
第四節 古典語教育の可能性

第十三章 科学史教育の歴史と「役に立つ」こと 
―戦後新制大学における科学史教育の位置づけ

(杉本 舞)

第一節 科学史とは―大学と学問への批判的視座

第二節 戦前の黎明期―「余暇」としての科学史
第三節 戦後の大学基準協会―「一般教育」に役立つ科学史
第四節 科学史関連科目の設置―動き出す科学史学会
第五節 科学史家養成の開始―歴史学を目指す科学史
第六節 大綱化以降の科学史教育―「社会的要請」に乗る
第七節 「役に立つ」を問う科学史に向けて

 

【近刊】居神浩編著『ノンエリートのためのキャリア教育論:適応と抵抗そして承認と参加』(法律文化社)

  • 2015.02.07 Saturday
  • 11:01

3月に居神浩(神戸国際大学経済学部)編著の書籍が出ます(http://www.hou-bun.com/01main/01_02.html)。以下、その目次となります。なお、居神先生の「ノンエリート大学生に伝えるべきこと:『マージナル大学』の社会的意義」(『日本労働研究雑誌』No.602)は、本書の出発点といえる論文です。

*******************************************
まえがき

序章:ノンエリート大学生のキャリア教育の課題:「適応」と「抵抗」(居神浩)
 社会政策論としてのノンエリート・キャリア教育論/実践的課題/市場の論理でしか語られない教育の議論/社会政策として の教育論の展開のために

第吃堯大学におけるキャリア教育論の実践と課題:「適応」と「抵抗」の側面

第1章:ボーダーフリー大学生が学習面で抱えている問題:実践と克服の途(葛城浩一

第2章:やる気に火をつけろ!:読売新聞「大学の実力」調査から(松本美奈

第3章:ノンエリート大学生の労働者の権利に関する理解:キャリア教育における労働者の権利教育の実施に向けて(林祐司

第4章:権利を行使することの困難と希望:NPO法人「きょうと労働相談まどぐち」と労働問題講座の実践(高橋慎一・橋口昌治


第局堯大学外部におけるキャリア支援の取り組み:「承認」と「参加」の側面

第5章:ノンエリート大学生を対象としたキャリア教育の射程:生活実態に根差した〈キャリア教育/支援〉に向けて(児島功和

第6章:地域若者サポートステーションによる高校アウトリーチが示唆するもの:キャリア支援と心理支援の融合の重要性(熊澤真理

第7章:教育的アプローチによる自立支援の課題:「子どもの貧困」問題を通して(上原裕介・繁澤あゆみ

終章:これからのノンエリート・キャリア教育の展望:「承認」と「参加」に向けて(居神浩)
 目線をより低く、より遠くへ/承認の戦略論:「サードプレイス」の創出/「参加」の戦略論:「社会」の教科書/政策論と しての見通し:「若者政策」への展開

あとがき

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

AUTHOR

profilephoto

お問い合わせ

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM